そんなこんなはジョニーで喰! ver.3.0
役者活動やりつつなんか面白いことないか毎日探しているジョニーです。日々の出来事や趣味やらをダラダラと書いてます。喰べるの大好き!!キン肉バスターが必殺技。なんやかんやでいい年になってます。
ジョニーとは?

ジョニー

Author:ジョニー
本名:國重直也
   (写真でキン肉バスターしてる方)

所属:JOHNNY TIME
性別:♂
出身:四国
年齢:そこそこ
趣味:多種多様
特技:キン肉バスター
好物:鮨・焼肉・駅弁・牛丼・麦酒 他
   美味いモノ全般(ジャンクも好き)


野球:北海道日本ハムファイターズ
   原辰徳・小笠原道大・田中幸雄 他
格闘:プロレスリング・ノア
   三沢光晴・小橋建太・大森隆男 他
蹴球:ジュビロ磐田
   中村俊輔・ゴン・名波浩・カズ 他



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



次回公演

~舞台~ 
ハイバネカナタ 第八回公演
「衛星放送に殺意を」
9/2~9/5
@中野 MOMO


花咲ける青少年~The Budding Beauty~
原作:樹なつみ
脚本・演出:桜木さやか
9/29~10/6
@草月ホール


JOHNNY TIME #01
「・・・・・・。」
作・演出 ジョニー
11/3~11/7
@エビス駅前バー




いらっしゃいませ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



チケットのお申し込み

こちらでチケット予約をお受けします!

名前:
メール:
件名:
本文:

必要事項及び、本文に「公演名・お名前(ヨミガナ)・日時・枚数」をご記入して、送信してください。予約完了しましたら、ご返信させていただきます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鑑賞
そんな感じで、今回の日記も自分勝手な独断レビュー!!
・・・別に日記の内容に困ってるわけでは・・・・ないはずです。

それに、読み返してみると別にレビューとかじゃないよね。なんかダラダラ感想いってるだけみたいな。参考にはなりませんね。



テキサス
「テキサス・チェーンソー・ビギニング」
悪魔のいけにえシリーズをリメイクした「テキサス・チェーンソー」の序章?ここから始まった的なヤツ。レザーフェイス誕生のお話。最近流行ってますよね、この類。ハンニバルもレクター博士の始まりをやるし。
テキサスの田舎町に訪れた若者4人が巻き込まれる恐怖の体験。とにかく・・・グロい。前作もきてたけど、今回は精神的にくるというか・・・。いい人たちが殺されるってのはホント・・・精神的によくないですよ。でも、スプラッター映画としてはいい出来でした。ラストが・・・あぁ・・・。
(満足度☆☆☆☆)



トゥモロー
「トゥモロー・ワールド」
人類に生殖機能がなくなった未来のお話。難民にあふれるイギリスが舞台。主人公が反政府活動してる元・妻の手助けをしたことで色々と巻き込まれていくってヤツ。巻き込まれる原因が一人の妊娠した難民少女。
全編に渡って暗い雰囲気。とにかく暗い。クライブ・オーウェンがそのくらい雰囲気に拍車をかける地味顔。いやぁ、淡々としてます。なんか淡々としてるうちに終わった感じ。なんか、目的やらテーマやらが見えず・・・結局、何?って感じ。う~む。雰囲気は嫌いじゃないんだけどね・・・。
(満足度☆☆)




地下鉄
「地下鉄(メトロ)に乗って」
まぁ、タイムスリーップモノです。とあることから、自分の子供時代に行ってしまった主人公(堤真一)。そこで、絶縁した横暴な父(大沢たかお)の若いころと出会い・・・。
父の過去やらを見ていくうちに、色々と知らなかった父を知り、その壁が崩れていく的な・・・うん、王道。でも、主人公が不倫してるって設定が・・・共感できねぇ。なんか・・・ねぇ。岡本綾がエロい。ベッドシーンがかなりエロくて・・・脱いでないのにそれ以上に見える的な・・・それくらいしか印象ないや。期待してただけに残念っす。
(満足度☆☆★)←岡本綾に☆×2



トンマッコル
「トンマッコルへようこそ」
南北戦争真っ只中のとある山中のお話。北、南のそれぞれの兵が迷いたどり着いた場所は、山中に隠れてた村「トンマッコル」。そこには傷ついた1人の連合軍の兵もいて・・・遭遇した兵士らに緊張が走る。しかし、それにも関係なくのんびり見守る村人たち。村人らは戦争してる事すら知らない。のんびりほんわか。その村人らに触れていく事で、それぞれの兵も闘う事を忘れ、打ち解け、笑顔を・・・・。
しかし、連合軍はその村周辺に対空部隊が潜んでいると勘違いし、あたりに爆撃を計画。それを知った兵士らは村を救うべく、協力し合い、そして・・・。

これだけ、必死に内容紹介する点からもわかるように・・・泣きました。「800万人が笑って、泣いた」ってフレーズは嘘じゃなかった。今年観た中でNo1。スゲーせつない。久石譲の音楽がまた素敵。シン・ハギュンとチョン・ジェヨンのラストの笑顔が泣けて泣けて・・・思い出し泣きしそうです。カン・ヘジョンも可愛いしネェ。これはねぇ・・・・おすすめ。丁寧に作った王道映画。馬鹿らしいシーンがまたいいのさ。いやぁ・・・また観たいわ。
(満足度☆☆☆☆☆)


こんな感じで、最近観たDVDレビューでした。「トンマッコル」がジョニーの中では飛びぬけてたかなぁ。また、色々と観たら書きたいと思います。

では・・・映画ってホンットにいいもの・・・・んがっくっくっ!!

スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://johnnydesyoku3.blog87.fc2.com/tb.php/94-e87335e9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。