そんなこんなはジョニーで喰! ver.3.0
役者活動やりつつなんか面白いことないか毎日探しているジョニーです。日々の出来事や趣味やらをダラダラと書いてます。喰べるの大好き!!キン肉バスターが必殺技。なんやかんやでいい年になってます。
ジョニーとは?

ジョニー

Author:ジョニー
本名:國重直也
   (写真でキン肉バスターしてる方)

所属:JOHNNY TIME
性別:♂
出身:四国
年齢:そこそこ
趣味:多種多様
特技:キン肉バスター
好物:鮨・焼肉・駅弁・牛丼・麦酒 他
   美味いモノ全般(ジャンクも好き)


野球:北海道日本ハムファイターズ
   原辰徳・小笠原道大・田中幸雄 他
格闘:プロレスリング・ノア
   三沢光晴・小橋建太・大森隆男 他
蹴球:ジュビロ磐田
   中村俊輔・ゴン・名波浩・カズ 他



カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



次回公演

~舞台~ 
ハイバネカナタ 第八回公演
「衛星放送に殺意を」
9/2~9/5
@中野 MOMO


花咲ける青少年~The Budding Beauty~
原作:樹なつみ
脚本・演出:桜木さやか
9/29~10/6
@草月ホール


JOHNNY TIME #01
「・・・・・・。」
作・演出 ジョニー
11/3~11/7
@エビス駅前バー




いらっしゃいませ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



チケットのお申し込み

こちらでチケット予約をお受けします!

名前:
メール:
件名:
本文:

必要事項及び、本文に「公演名・お名前(ヨミガナ)・日時・枚数」をご記入して、送信してください。予約完了しましたら、ご返信させていただきます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


稽古
お久しぶりです。

なんやかんやとしているうちに11月も後半戦に突入してました。

そして・・・・更新してませんでした。

申し訳ありません。


最近のジョニーは、稽古してます。

12月の客演先であるJACROWさんの稽古の日々です。

公演詳細を・・・


JACROW #9.5
「Dog Eat Dog」


12月5日(水)~9日(日)
新宿村スタジオ(丸ノ内線・西新宿駅から徒歩5分)
地図
*開花の華 新宿村のライブ参加作品
チケット:2000円(前売当日共・全席自由)

作・演出:中村暢明

出演:
今里真
杉木隆幸(play unit-fullfull)
國重直也(イキウメ)
間野健介(InnocentSphere)
菊地未来
角田ルミ
蒻崎今日子(JACROW)

~タイムテーブル~
5日(水) 20:30 
6日(木) 18:30
7日(金) 20:30
8日(土) 14:30/18:30
9日(日) 16:30/20:30
  *開場は開演時間の30分前


こんな感じです。
12月の忙しい時期と思われますが、何卒宜しくお願いします。

チケット問い合わせは・・・コチラ!


で、稽古ですが・・・

07.11.19-1
07.11.19-2
月島稽古の帰りは・・・皆でもんじゃ!

07.11.19-3
07.11.19-4
お台場での稽古では・・・夜景を見つつ、お台場をジャージで歩く。

素敵な愉快な面々とともにやってます!

スポンサーサイト

敗北
まぁ、皆様ご存知の事だとは思われますが・・・・・我が、北海道日ホンハムファイターズは日本シリーズにて中日ドラゴンズに4勝1敗で敗退し、連覇となりませんでした。無念!!

07.11.2-1

中日ドラゴンズ、53年ぶりの日本一おめでとう!!

悔しいですが、素直に勝者をたたえようと思います。
中日は強かった!!!


最終戦となった第5戦は北の大エース・ダルビッシュが先発。このシリーズで日本ハムを一人で背負ってる大黒柱。中日はウルトラセブンの相性(ゴーグルしてるから)の山井。


ダルビッシュはエースとしての気迫のピッチング。

しかし、それ以上のピッチングをしたのが中日・山井。
07.11.2-4

日本ハム打線を8回まで完全に抑える!!
1人もランナーを出さないピッチング!!

最終回となった9回は守護神・岩瀬と交代したものの、2人で完全試合を達成(プロ野球史上、継投での完全試合は初めて)。中日を53年ぶりとなる日本一に導きました。

この継投には賛否あるみたいですが・・・・まぁ、日本一になったんだから正解なのかな。仮に9回に打たれて日本ハムが勝っていたら継投への批判がでたかもだし。名古屋での胴上げも出来なかったかもだし。日本シリーズでの完全試合なんて100年に1度くらいの出来事だったと思うけど・・・・難しいですね。


まぁ、ランナーが出ないんじゃいくらダルビッシュが好投しても勝てないです。ダルビッシュも1失点に抑えるピッチング。仕方ないです。

昨年と全く逆の星取りで終わりました。
今年は中日の本拠地での胴上げ。これもドラマチックでいいかな。

ヒルマン監督、有終の美とならず!!


07.11.2-5
左、ミスターファイターズの田中幸雄。右、中日で復活した中村紀洋。

田中幸雄は今年で引退。この試合が最後となりました。これまでの苦しい低迷していた時代の日本ハムを支え続けてきた鉄人。2000本安打を達成した今年の輝きはまだまだやれるのではないかと思うほどでした。もっと観ていたかった。お疲れ様でした!!!!

中村紀は日本シリーズのMVP。昨年、オリックスとの契約がこじれて退団。その後、中日の育成選手(練習生みたいなもの)として入団し、5億の年俸までいったことある選手が、年俸400万からのスタート。背番号も200番台。どん底から始まりました。キャンプから走り続け、開幕には1軍登録背番号も99に。年俸は600万。シーズンでも気迫のプレーで怪我を抱えながらプレー。見事な復活でした。

07.11.2-2
MVPのインタビューで号泣。
野球できることの喜びに溢れた涙だったかと。こういうのはなんか嬉しいです。


今年のプロ野球もこれで終わり。
冬になったなぁって感じがします。ジョニーの毎日の楽しみがまたひとつなくお休み。早く3月になって欲しいなぁ。

日本ハムのストーブリーグ(オフシーズンの契約問題とか人事とか移籍とか試合以外のこと)は荒れそうです。



背水
11月になりました。今年も終わりが近づいてきましたね。

そして、日本シリーズも終盤戦になりました。あ、プロ野球です。北海道日本ハムファイターズと中日ドラゴンズの日本一決定戦。

海の向こう大リーグのワールドシリーズは松坂・岡島のいるレッドソックスが4連勝であっさり優勝。短期決戦は勢いと流れをつけたチームが強いです。

で、日本シリーズ。
初戦をエース・ダルビッシュでとった日本ハム。エースの快投で流れを引き寄せたかに思いました・・・・が、その後3連敗。中日に流れを完全に持っていかれました。第2戦~第4戦をダイジェストで紹介。


第2戦・札幌ドーム
日本ハムの先発は制球力抜群のグリン、中日は今年急成長した中田。前夜と違い、初回中日がいきなり先制。0-1。グリンの立ち上がりを1、2番コンビの連打と3番・森野の犠飛であっさりと得点。荒木の初球攻撃と盗塁でグリンのリズムを崩します。
中日・中田は四死球でランナー出すも3回までは無安打におさえるピッチング。まずますの立ち上がり。日本ハム打線の貧打ぶりは深刻。グリンも2,3回は3者凡退に。0-1で3回まで終了。
4回にグリンが突如崩れる。1死から、3連続与四球のシリーズワーストタイ記録で満塁にすると、中村紀に2点適時二塁打を打たれノックアウト。
07.10.28-nori&grin
中村に打たれ呆然のグリン。

さらに、2番手・吉川も2四球を与え1イニング5四球のシリーズワースト記録。まさに自滅した日本ハム投手陣。被安打1で3失点。流れは完全に中日へ。その後、登板した押本、菊地は本塁打を浴び、結局1-8で中日に完敗。日本ハムはセギノールの2試合連続の本塁打のみ。チームで4安打。流れを作るチャンスもないままに敗れる。

07.10.28-nakata
中日・中田は8回を投げ、被安打3失点1の好投。前夜のエース対決での敗戦を払拭する好投!チームも8安打8得点。いい流れを作り、名古屋に移ることに。

これでシリーズは1勝1敗。


第3戦・ナゴヤドーム
中日の先発は朝倉、日本ハムは安定感のある武田勝。

で、1回のウラにナゴヤドームのスコアボードが消えるアクシデント。
07.10.30-keijiban


こんなトラブルにも負けないくらいの中日の怒涛の攻撃が。
いきなり先頭の荒木を死球で出してしまう、日本ハム・武田勝。1死後に森野に四球を出してから完全に中日に飲まれる。4番・ウッズから3連打を浴びいきなりKOされる。1アウトで5失点。先発の仕事できず。さらに2番手・スウィーニーも4安打を浴び降板、3番手・建山がなんとか押さえ中日の1回の攻撃が終わる。結局、中日は打者12人・7安打・7点。いきなり試合を決める。7打数7連打はシリーズ新記録。
日本ハムは9安打するも2回に1点を返すのがせいいっぱい。打線が繋がらない。首位打者・稲葉がシリーズでまだ無安打。1、2番も機能せず。深刻です。
結局、中日は9点をいれ9-1で圧勝。

07.10.30-hirman
今年が日本ハム最後となるヒルマン監督。来年からは大リーグの監督になるのです。初回の怒涛の攻撃にただただ呆然。


中日が2勝1敗でリード。


第4戦・ナゴヤドーム
これに勝つと王手となる中日。53年ぶりの日本一が一気に近づきます。日本ハムは後がなくなり厳しい状況に。ここは勝って成績をタイに持ち込みたいが・・・。
中日先発は左腕・小笠原、日本ハムは高卒ルーキーとしては史上5人目のシリーズ先発となる吉川。2戦目に自滅した雪辱を晴らせるか?

1回ウラの中日の攻撃。またも先頭の荒木が出塁。そして2番・井端の初球に盗塁。これでシリーズタイ記録の3戦連続盗塁。この日も中日が流れを。井端が死球、森野が犠打を決め1死2,3塁。ここで4番・ウッズのゴロをサード・小谷野がエラー。またも中日が先制。この後も1点を奪う。初回終わって2-0。日本ハムはまたも追う展開に。
しかし、この日の日本ハムは中日に食い下がる。

07.10.31-kaneko
4回に選手会長・金子誠が適時二塁打、5回にも金子誠の押し出し四球で、2ー2の同点とする。これで中日・小笠原をKO。

これで日本ハムが流れを引き寄せたかに・・・・思えた。

07.10.31-yosikawa
同点になった5回のウラ。ここまで安定していた吉川がまたも崩れる。2つの四球と安打で満塁のピンチを迎えると、吉川の暴投で勝ち越し点を与えてしまう。吉川はこの日、被安打3ながらも6四死球で自滅する形に。

1点差の7回には、またも中村紀がタイムリー。
07.10.31-nori
中村はこのシリーズ打率が「.467」。不振の4番・ウッズの穴を埋める活躍。同じく4割以上の打率を残す1番・荒木とMVP争いをしています。
昨年、オリックスと契約問題でこじれて一時は引退の危機までいった中村。年俸5億までいったこともあるスラッガーが、中日に拾われる形で年俸600万円の練習生扱いからスタート。それがまさに血のにじむような努力と気迫で復活し、今年一年の中日を支えてきた一人にまで。そして、日本シリーズでの活躍。こういう選手の活躍は嬉しい限りです・・・・複雑ですが。

そして、試合は4-2で中日が勝利。ついに53年ぶりのシリーズ制覇に王手をかけました。

中日の3勝1敗。


去年の対戦と全く逆の展開。昨年は中日がエース対決(ダルビッシュー川上)となった初戦をとるも、その後3連敗。さらに第5戦のエース対決(初戦と同じダルビッシュー川上)にも破れ、日本ハムが日本一に。中日は敵地・札幌で胴上げを見る結果に。
そして、今年は日本ハムが敵地で胴上げを見る危機になっています。初戦のエース対決でダルビッシュが川上に勝利。しかし、その後3連敗。

運命となる今日の第5戦・・・・またもダルビッシュと川上の4度目のエース対決になるのが有力。これも・・・運命か。昨年と逆のパターンになるのか?ダルビッシュが日本ハムの危機を救うのか?

札幌に戻れば逆転の可能性は広がる。本拠地のファイターズを強い!
ダルビッシュ、頼む!!!

ナゴヤドームでの第5戦・・・・注目です!



07.10.31-inaba
第3戦まで無安打だった日本ハム・稲葉にやっと初安打が!!これが復活するキッカケになる事を・・・・そして、チームに流れを!!頼むぞ、稲葉!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。