そんなこんなはジョニーで喰! ver.3.0
役者活動やりつつなんか面白いことないか毎日探しているジョニーです。日々の出来事や趣味やらをダラダラと書いてます。喰べるの大好き!!キン肉バスターが必殺技。なんやかんやでいい年になってます。
ジョニーとは?

ジョニー

Author:ジョニー
本名:國重直也
   (写真でキン肉バスターしてる方)

所属:JOHNNY TIME
性別:♂
出身:四国
年齢:そこそこ
趣味:多種多様
特技:キン肉バスター
好物:鮨・焼肉・駅弁・牛丼・麦酒 他
   美味いモノ全般(ジャンクも好き)


野球:北海道日本ハムファイターズ
   原辰徳・小笠原道大・田中幸雄 他
格闘:プロレスリング・ノア
   三沢光晴・小橋建太・大森隆男 他
蹴球:ジュビロ磐田
   中村俊輔・ゴン・名波浩・カズ 他



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



次回公演

~舞台~ 
ハイバネカナタ 第八回公演
「衛星放送に殺意を」
9/2~9/5
@中野 MOMO


花咲ける青少年~The Budding Beauty~
原作:樹なつみ
脚本・演出:桜木さやか
9/29~10/6
@草月ホール


JOHNNY TIME #01
「・・・・・・。」
作・演出 ジョニー
11/3~11/7
@エビス駅前バー




いらっしゃいませ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



チケットのお申し込み

こちらでチケット予約をお受けします!

名前:
メール:
件名:
本文:

必要事項及び、本文に「公演名・お名前(ヨミガナ)・日時・枚数」をご記入して、送信してください。予約完了しましたら、ご返信させていただきます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


敗北
まぁ、皆様ご存知の事だとは思われますが・・・・・我が、北海道日ホンハムファイターズは日本シリーズにて中日ドラゴンズに4勝1敗で敗退し、連覇となりませんでした。無念!!

07.11.2-1

中日ドラゴンズ、53年ぶりの日本一おめでとう!!

悔しいですが、素直に勝者をたたえようと思います。
中日は強かった!!!


最終戦となった第5戦は北の大エース・ダルビッシュが先発。このシリーズで日本ハムを一人で背負ってる大黒柱。中日はウルトラセブンの相性(ゴーグルしてるから)の山井。


ダルビッシュはエースとしての気迫のピッチング。

しかし、それ以上のピッチングをしたのが中日・山井。
07.11.2-4

日本ハム打線を8回まで完全に抑える!!
1人もランナーを出さないピッチング!!

最終回となった9回は守護神・岩瀬と交代したものの、2人で完全試合を達成(プロ野球史上、継投での完全試合は初めて)。中日を53年ぶりとなる日本一に導きました。

この継投には賛否あるみたいですが・・・・まぁ、日本一になったんだから正解なのかな。仮に9回に打たれて日本ハムが勝っていたら継投への批判がでたかもだし。名古屋での胴上げも出来なかったかもだし。日本シリーズでの完全試合なんて100年に1度くらいの出来事だったと思うけど・・・・難しいですね。


まぁ、ランナーが出ないんじゃいくらダルビッシュが好投しても勝てないです。ダルビッシュも1失点に抑えるピッチング。仕方ないです。

昨年と全く逆の星取りで終わりました。
今年は中日の本拠地での胴上げ。これもドラマチックでいいかな。

ヒルマン監督、有終の美とならず!!


07.11.2-5
左、ミスターファイターズの田中幸雄。右、中日で復活した中村紀洋。

田中幸雄は今年で引退。この試合が最後となりました。これまでの苦しい低迷していた時代の日本ハムを支え続けてきた鉄人。2000本安打を達成した今年の輝きはまだまだやれるのではないかと思うほどでした。もっと観ていたかった。お疲れ様でした!!!!

中村紀は日本シリーズのMVP。昨年、オリックスとの契約がこじれて退団。その後、中日の育成選手(練習生みたいなもの)として入団し、5億の年俸までいったことある選手が、年俸400万からのスタート。背番号も200番台。どん底から始まりました。キャンプから走り続け、開幕には1軍登録背番号も99に。年俸は600万。シーズンでも気迫のプレーで怪我を抱えながらプレー。見事な復活でした。

07.11.2-2
MVPのインタビューで号泣。
野球できることの喜びに溢れた涙だったかと。こういうのはなんか嬉しいです。


今年のプロ野球もこれで終わり。
冬になったなぁって感じがします。ジョニーの毎日の楽しみがまたひとつなくお休み。早く3月になって欲しいなぁ。

日本ハムのストーブリーグ(オフシーズンの契約問題とか人事とか移籍とか試合以外のこと)は荒れそうです。


スポンサーサイト

背水
11月になりました。今年も終わりが近づいてきましたね。

そして、日本シリーズも終盤戦になりました。あ、プロ野球です。北海道日本ハムファイターズと中日ドラゴンズの日本一決定戦。

海の向こう大リーグのワールドシリーズは松坂・岡島のいるレッドソックスが4連勝であっさり優勝。短期決戦は勢いと流れをつけたチームが強いです。

で、日本シリーズ。
初戦をエース・ダルビッシュでとった日本ハム。エースの快投で流れを引き寄せたかに思いました・・・・が、その後3連敗。中日に流れを完全に持っていかれました。第2戦~第4戦をダイジェストで紹介。


第2戦・札幌ドーム
日本ハムの先発は制球力抜群のグリン、中日は今年急成長した中田。前夜と違い、初回中日がいきなり先制。0-1。グリンの立ち上がりを1、2番コンビの連打と3番・森野の犠飛であっさりと得点。荒木の初球攻撃と盗塁でグリンのリズムを崩します。
中日・中田は四死球でランナー出すも3回までは無安打におさえるピッチング。まずますの立ち上がり。日本ハム打線の貧打ぶりは深刻。グリンも2,3回は3者凡退に。0-1で3回まで終了。
4回にグリンが突如崩れる。1死から、3連続与四球のシリーズワーストタイ記録で満塁にすると、中村紀に2点適時二塁打を打たれノックアウト。
07.10.28-nori&grin
中村に打たれ呆然のグリン。

さらに、2番手・吉川も2四球を与え1イニング5四球のシリーズワースト記録。まさに自滅した日本ハム投手陣。被安打1で3失点。流れは完全に中日へ。その後、登板した押本、菊地は本塁打を浴び、結局1-8で中日に完敗。日本ハムはセギノールの2試合連続の本塁打のみ。チームで4安打。流れを作るチャンスもないままに敗れる。

07.10.28-nakata
中日・中田は8回を投げ、被安打3失点1の好投。前夜のエース対決での敗戦を払拭する好投!チームも8安打8得点。いい流れを作り、名古屋に移ることに。

これでシリーズは1勝1敗。


第3戦・ナゴヤドーム
中日の先発は朝倉、日本ハムは安定感のある武田勝。

で、1回のウラにナゴヤドームのスコアボードが消えるアクシデント。
07.10.30-keijiban


こんなトラブルにも負けないくらいの中日の怒涛の攻撃が。
いきなり先頭の荒木を死球で出してしまう、日本ハム・武田勝。1死後に森野に四球を出してから完全に中日に飲まれる。4番・ウッズから3連打を浴びいきなりKOされる。1アウトで5失点。先発の仕事できず。さらに2番手・スウィーニーも4安打を浴び降板、3番手・建山がなんとか押さえ中日の1回の攻撃が終わる。結局、中日は打者12人・7安打・7点。いきなり試合を決める。7打数7連打はシリーズ新記録。
日本ハムは9安打するも2回に1点を返すのがせいいっぱい。打線が繋がらない。首位打者・稲葉がシリーズでまだ無安打。1、2番も機能せず。深刻です。
結局、中日は9点をいれ9-1で圧勝。

07.10.30-hirman
今年が日本ハム最後となるヒルマン監督。来年からは大リーグの監督になるのです。初回の怒涛の攻撃にただただ呆然。


中日が2勝1敗でリード。


第4戦・ナゴヤドーム
これに勝つと王手となる中日。53年ぶりの日本一が一気に近づきます。日本ハムは後がなくなり厳しい状況に。ここは勝って成績をタイに持ち込みたいが・・・。
中日先発は左腕・小笠原、日本ハムは高卒ルーキーとしては史上5人目のシリーズ先発となる吉川。2戦目に自滅した雪辱を晴らせるか?

1回ウラの中日の攻撃。またも先頭の荒木が出塁。そして2番・井端の初球に盗塁。これでシリーズタイ記録の3戦連続盗塁。この日も中日が流れを。井端が死球、森野が犠打を決め1死2,3塁。ここで4番・ウッズのゴロをサード・小谷野がエラー。またも中日が先制。この後も1点を奪う。初回終わって2-0。日本ハムはまたも追う展開に。
しかし、この日の日本ハムは中日に食い下がる。

07.10.31-kaneko
4回に選手会長・金子誠が適時二塁打、5回にも金子誠の押し出し四球で、2ー2の同点とする。これで中日・小笠原をKO。

これで日本ハムが流れを引き寄せたかに・・・・思えた。

07.10.31-yosikawa
同点になった5回のウラ。ここまで安定していた吉川がまたも崩れる。2つの四球と安打で満塁のピンチを迎えると、吉川の暴投で勝ち越し点を与えてしまう。吉川はこの日、被安打3ながらも6四死球で自滅する形に。

1点差の7回には、またも中村紀がタイムリー。
07.10.31-nori
中村はこのシリーズ打率が「.467」。不振の4番・ウッズの穴を埋める活躍。同じく4割以上の打率を残す1番・荒木とMVP争いをしています。
昨年、オリックスと契約問題でこじれて一時は引退の危機までいった中村。年俸5億までいったこともあるスラッガーが、中日に拾われる形で年俸600万円の練習生扱いからスタート。それがまさに血のにじむような努力と気迫で復活し、今年一年の中日を支えてきた一人にまで。そして、日本シリーズでの活躍。こういう選手の活躍は嬉しい限りです・・・・複雑ですが。

そして、試合は4-2で中日が勝利。ついに53年ぶりのシリーズ制覇に王手をかけました。

中日の3勝1敗。


去年の対戦と全く逆の展開。昨年は中日がエース対決(ダルビッシュー川上)となった初戦をとるも、その後3連敗。さらに第5戦のエース対決(初戦と同じダルビッシュー川上)にも破れ、日本ハムが日本一に。中日は敵地・札幌で胴上げを見る結果に。
そして、今年は日本ハムが敵地で胴上げを見る危機になっています。初戦のエース対決でダルビッシュが川上に勝利。しかし、その後3連敗。

運命となる今日の第5戦・・・・またもダルビッシュと川上の4度目のエース対決になるのが有力。これも・・・運命か。昨年と逆のパターンになるのか?ダルビッシュが日本ハムの危機を救うのか?

札幌に戻れば逆転の可能性は広がる。本拠地のファイターズを強い!
ダルビッシュ、頼む!!!

ナゴヤドームでの第5戦・・・・注目です!



07.10.31-inaba
第3戦まで無安打だった日本ハム・稲葉にやっと初安打が!!これが復活するキッカケになる事を・・・・そして、チームに流れを!!頼むぞ、稲葉!!



開戦
海の向こうではワールドシリーズが盛り上がってます。
松坂・岡島のレッドソックスと松井稼のロッキーズ。日本人対決にも熱狂です。

そして本日、ついに日本シリーズも始まりました!!

昨年と同じ組み合わせ。
パ・リーグを連覇しクライマックスシリーズも勝ち抜いた北海道日本ハムファイターズ、セ・リーグで2位に終わったもののクライマックスシリーズを無傷の5連勝で突破しセ・リーグ代表ンあった中日ドラゴンズ。
日本ハムが90年西武以来の連覇をするのか?中日が53年ぶりの栄冠に輝くか?
今年のプロ野球も終わりが近づいてきました。


07年日本シリーズの初戦を振り返ってみます。
日本ハムが若きエース・ダルビッシュ有。中日の先発はエース・川上憲伸。どちらもリーグを代表する投手。そして昨年の開幕投手もこの2人。シリーズ開幕戦で2年連続同じ投手の対戦はシリーズ初。

確実に投手戦になる組み合わせ!!
昨年の初戦は中日・川上の勝利。第五戦で再び投げ合ったときはダルビッシュが勝ち、日本ハムが日本一に。

しかし、初回にいきなり試合が動きます。

1回ウラの日本ハムの攻撃。
07.10.27-1
叫ぶセギノール!!
日本ハムの4番・セギノールが川上から3点本塁打!クライマックスシリーズ第五戦でも叫んだ4番がこの日も爆発!日本ハムが3点を先制!!セギノールは去年の第五戦でも川上から先制HRを打ってます。

07.10.27-2
川上憲伸。
立ち上がりに捕まる。四球・四球・本塁打・・・・らしくない。投げ急いだ痛恨の一球を叩かれる。しかし、この後の川上は凄かった。2回以降を1安打に抑える。7回まではパーフェクト。
結局、日本ハムは川上からは、セギノールの本塁打含めて2安打。完全に押さえ込まれました。さすが、憲伸!!

しかし、しかし!
憲伸以上に凄かったのが・・・ダルビッシュ!!!
07.10.27-4

6回に森野の犠牲フライで1点を失うも、中日打線から13奪三振のシリーズタイ記録!先発全員からの奪三振はシリーズ初!この日のダルビッシュは凄かった!球威・キレともに最高のピッチング。中日打線に「これは打てない」って思わせるほどに。


07.10.27-3
最後のバッター・中村紀も三振に!
13奪三振、被安打4、1失点で完投勝利!日本ハムの連覇に大きな弾みをつける!若干21歳の代エースが貫禄の投球を魅せてくれました!!

中日・川上憲伸の2安打完投負けというのもシリーズ初。負けはしましたがさすがのピチングでした!!

これで日本ハムが先手。連覇への第一歩です。
でもこのまま中日が沈んでいくとも思えない。明日の第二戦がかなりのポイントになるかと。
日本ハムは安定感抜群のグリン、中日は今年急成長した中田賢一・・・とジョニー予想。熱い試合になるかと!!

明日の試合のポイントは・・・

「初回の1、2番の出塁と4番」

ここですね。初戦は日本ハムの4番セギノールが爆発、中日4番のウッズは無安打2三振。どちらが爆発するか・・・。

あと、日本ハムのリーダー「金子誠」と、中日のベテラン「立浪和義」もポイントになるかと。どちらもチームに流れを作る選手ですから!

楽しみです!!




優勝
昨日、10月18日。

我が北海道日本ハムファイターズがクライマックスシリーズに優勝して、2年連続の日本シリーズ進出を決めました!!!

07.10.19-1
おめでとう!!!!

すでにレギュラーシーズンの優勝は決めていたのですが、昨日クライマックスを勝ち抜いたことで、日本シリーズへの進出権を獲得。目指すは2年連続日本一です!!

優勝したのにまた優勝って不思議でしょ?知らない人のために簡単に説明しますかな。
今年から、レギュラーシーズンとクライマックスシリーズにわかれました。レギュラーシーズンってのが3月待つから10月までやる公式戦(全144試合)のこと。これで1位になったチームがシーズン優勝。
そして、レギュラーシーズンの上位3チームで日本シリーズ進出権を争うのがクライマックスシリーズ。2位と3位のチームが闘い(第一ステージ・全3戦)、それを勝ち抜いたチームが1位のチームと闘う(第二ステージ・全5戦)って流れ。で、クライマックスを勝ち抜いたチームが日本一を決める日本シリーズに進出するのです。だから、レギュラーシーズンで優勝しても日本シリーズに出られない可能性もあるのですわ。
ちなみに、昨年まではレギュラーシーズンで1位になっても優勝ではなく、プレーオフ(クライマックスシリーズの昨年までの呼び名)で勝ち抜いてやっと優勝になるってルールでした。

今年はレギュラーシーズンで優勝した日本ハムと第一ステージでソフトバンクを倒したロッテが第二ステージで争い、2勝2敗でむかえた最終戦を制した日本ハムが日本シリーズへってことになります。

ちなみに、日本シリーズってのはセ・リーグとパ・リーグそれぞれの優勝チーム(今年からはクライマックスシリーズ優勝チーム)が、全7戦で闘って日本一を決めるシリーズです。

わかります?わからん人は直接ジョニーに聞いてくれ。または、自力で。


とにかく・・・
北海道日本ハムファイターズ・2年連続優勝!!!!

ってことです。喜んでいるのです、はい。
今年は昨年と違い、小笠原・岡島が移籍、新庄が引退と大幅な戦力ダウン。シーズン前に優勝を予想した解説者は少なかったですから。実際、4、5月は下位に低迷。今年はダメかなぁとジョニーも思ってましたから。それがですよ、交流戦で優勝してから一気に首位へ。大混戦となりましたが、最後はロッテ、ソフトバンクを振り切って優勝ですから。ビックリです。
ヒルマン監督、ミスターファイターズ・田中幸雄の最後のシーズンを優勝で締めるなんて・・・・感動です。まだ、日本シリーズあるから終わってないけどね!

日本シリーズの相手は、巨人か中日。ジョニー的には原監督の巨人と日本シリーズで闘いたいですね。小笠原もいるし。ま、ジョニーが直接闘うわけではないからアレですが。

07.10.19-2
若きエース・ダルビッシュ!
3年目でこの貫禄と投球術はスゲーよ。まだ20歳。どんだけスゲー投手になるのか・・・・楽しみです。大リーグ行かないでね。

07.10.19-3
ホームランに大喜びのセギノール。
このシリーズ大スランプで、前日まで2安打のみ。4番としての仕事が全く出来てなかった大砲が、最後の試合で大爆発!防御率ナンバー1投手・成瀬から3ランHR!!やってくれました!!


日本ハムはロッテの先発投手だった成瀬に今年一度も勝ってなかったのです。4戦4敗。しかも成瀬は防御率ナンバー1投手。つまり今年1番点を取られなかったピッチャーってこと。それを打ち崩しての勝利は・・・・最高です!!


まぁ、喜びのままただ書き綴ってもまとまりないし、いつまでも終わらないので・・・・このへんで終わります。



~07年日本ハム優勝の瞬間集~

・クライマックス優勝!
http://www.youtube.com/watch?v=BJGLpzNd880
・クライマックスハイライト(試合後に称え合う両チームに涙)
http://www.youtube.com/watch?v=xhoo-lia968

・レギュラーシーズン優勝!
http://www.youtube.com/watch?v=0aaYP2ccKyQ


・06年、44年ぶりの日本一の瞬間!
http://www.youtube.com/watch?v=nhZyqV6VNvg&mode=related&search=
・06年、劇的な25年ぶりの優勝決定!
http://www.youtube.com/watch?v=dmIcKAKHUY4&mode=related&search=


野球って面白いなぁ。



二千
ついに・・・達成です!!
先日の日記のも書いてましたが、北海道日本ハムファイターズの背番号6・田中幸雄選手が
2000本安打達成です!!
yukio2000-2

ここ何試合か辺りが止まっていましたが、前日にあと1本とし・・・この日の4回裏・第二打席。楽天・山村の直球をライナーでライトへ!!
yukio2000-0

見事な右前安打!!ついに2000本安打達成!!!22年目での達成は史上最遅記録。試合数でも元・日ハムの大島に次ぐ試合数。39歳6ヶ月も史上6番目の高齢達成。とにかく、コツコツ重ねてきた2000本!!
yukio2000-3

北海道に移転して4年目。それまでずっと本拠地としていた東京ドームで決めるところがドラマチック!!!1000本安打も1500本安打も東京ドーム。やはりミスターファイターズには東京ドームが似合います。
おめでとうございます!!!!

この日は猛打賞!2001・2002本目も記録。まだまだこれから!

そして、もう一人のベテランも大爆発!
yamazaki

元中日・オリックスの楽天・山武司。4安打5打点3HRの大爆発!日ハム投手陣を粉砕。幸雄の2000本に沸くドームで大花火大会。ある意味空気の読めなさ具合が素敵です。かつての本塁打王もここ数年は地味でした。まだまだやれる!ってトコを見せてくれ!(現在、本塁打と打点の二冠王)

ベテラン勢が活躍するのって・・・なんか嬉しい。


でも、この試合は勝ちたかったなぁ。残念。

しかし!!
ファイタ-ズもまだまだこれから!!
逆転優勝に向けて、走りましょうや!!
まだまだ!!!!


~2000本安打動画~
07年5月17日 楽天戦(東京ドーム)・第二打席
http://www.youtube.com/watch?v=ceaTV_e7_js

2000本安打への軌跡
http://www.youtube.com/watch?v=NDNMam5XAeM



映像
最近、暇があったら、某映像サイトをひたすらさ迷って、プロレス・野球を観るのが楽しいです。いやぁ~。色んな映像あるんだよねぇ。

で、またもジョニーのオススメを紹介。


~プロレスってスゲーです!シリーズ~

ブリスコ兄弟vs鼓太郎・マルビン(ダイジェスト)
http://www.youtube.com/watch?v=CPlDOUn8s9Q&mode=related&search=

三沢・小川vs丸藤・KENTA
http://www.youtube.com/watch?v=q82p8_1wnXo&mode=related&search=

三沢・力皇vs小川・村上
http://www.youtube.com/watch?v=Bpd3_fvN_ZI&mode=related&search=

バーニングハンマー
http://www.youtube.com/watch?v=gP_23tMm580&mode=related&search=


まぁ、ほとんどNOAHなんですが・・・趣味です趣味。
プロレス観てると、体の芯からこうメラメラと熱いのが・・・・魂が燃えます。人間はここまで強くなれるんだなぁ・・・と。

プロレス最強!!


幸雄
今回の日記はひたすら趣味で書きます。
まぁ、野球ネタですが。わからん人には何のことだかだと思います。

ジョニーは北海道日本ハムファイターズを応援してます。去年日本一になって、大騒ぎしたのもまだまだ記憶に新しいかと。でも、今年は前に日記にも書いたけど、ペナントで苦戦してます。去年に比べ戦力がダウンしたのもあって、現在4位。まぁ、もともとスロースターターなチームですから、逆転しますとも・・・えぇ。


そんなファイターズに一人のベテラン選手います。
背番号6「田中幸雄」
こつこつコツコツ22年。ファイターズ一筋でここまできました。ミスターファイターズ。日ハムの低迷期?をずっと支えてきた選手です。清原や桑田と同期。昨年、入団して初めての優勝と日本一を経験。そして、今年は2000本安打という大記録に挑んでます(5日現在であと3本)。球界きっての人格者。

幸雄1

1985年にドラフト3位で入団。プロ入り初安打がHR。そして、2年目から一軍に定着し、88年には遊撃手のレギュラー、オールスター出場、ベストナイン・ゴールデングラブ賞なども獲得。この年から4年連続全試合出場の記録も。ファイターズの中心選手に。
92年は怪我で1年を棒に振る。連続試合出場もストップ。代走での1試合のみ。
しかし、93年は、自己最高打点・最高二塁打数を記録し、中距離打者としてレギュラー復帰(左翼手)。この翌年以降から、年間140安打・20本塁打前後をコンスタントに記録。さらに、95年から復帰した遊撃手で連続無失策記録(339回。現在も日本記録)、95年に打点王(80打点、イチロー・初芝らと3人同数のキング)、ベストナイン(95・96年)、ゴールデングラブ賞(95・96年)など、ファイターズの大黒柱として活躍。
97年頃から、怪我の影響かやや成績が下降の気配を見せる。それでも毎年130安打前後、20本塁打前後を記録していく。ビッグバン打線の中核を支え、シドニー五輪で活躍したり、全打順での本塁打を記録(史上3人目)したりする。しかし、チームは優勝争いを演じる事はあっても、優勝には及ばず、下位に低迷する事も多々。

03年から若手起用を好むヒルマン監督になり、また打撃不振もあり、出場が激減。またポジションも、一塁・外野・DHでの起用になる。2000本安打まで100本を切った04年からの3年間で(~06年)合計81本しか安打は出ず、出場機会を求めての移籍希望があれば受け入れると球団から打診も、「生涯ファイターズ」宣言をし残留。

昨年は、安打15本(打率.174)・本塁打0という、ルーキー以来の成績。

そして背水の陣で迎える、今年・・・・・
幸雄爆発!!!

開幕当初は代打の登場でメインで、成績も上がらず。今年もダメなのか?と思っていたら、4月から活躍!22年目で自身初の「代打満塁本塁打」を放ち(2年ぶりの本塁打)、翌日の試合でも本塁打。一気にスタメンへ!!
小笠原が抜けた関係もあるものの、現在は実力で一塁のレギュラーを奪取。ベテランの復活です!!チームの調子も上り調子!!借金なくなるまであと少し!

そして、今日の試合でも幸雄は本塁打(第三号)を放ちました。これが本拠地・札幌ドームでの初本塁打。これで通算33球場での本塁打となり、これは現役最多。日本記録まであと6球場。


幸雄2
HRしてマスコットのBBから祝福のキスをされそうになるも、全力で拒絶した幸雄。超照れ屋さんらしく、ヒーローインタビューが苦手。


今年は今の時点で15安打。昨年にもう並んだよ。
2000本安打まで、あと3本!!


入団したての幸雄~最近の幸雄までの映像
http://www.youtube.com/watch?v=yrWoKUJfOVw

松坂や松井やイチローや・・・・清原や桑田や・・・記録や記憶のある華やかな選手だけでなく、地味でもコツコツと頑張り続ける偉大な選手もいるのですよ。2000本安打を記録した選手で一番地味だと思われる。でも、それがカッコイイ!!

ミスターファイターズ!!
老け込むのは早い!!
まだまだいけるぜぃ!!



~オマケ映像~
・06年プレーオフ優勝の瞬間
http://www.youtube.com/watch?v=asFH8BEgPAw&NR=1
・06年日本一
http://www.youtube.com/watch?v=ErASoAR154Q
http://www.youtube.com/watch?v=fksfP4QiUH0&NR=1


今日の日記は完全に趣味モードでした。

KO
こいつはスゲーよ。

http://www.youtube.com/watch?v=_LMbZPFVOFo

いや、アタイはプロレス好きですから、別にプライドやUFCとかはあんま興味ないのですよ。でも、これはなかなかに衝撃映像でした。ミルコが完璧にKOされるの・・・久しぶりに見ました。しかも、相手は無名ってのがね。いやぁ~。かつてのプロレスラーハンターが・・・・ビックリです。
先日のUFC70での試合です。

ミルコ・クロコップ - ガブリエル・ゴンザガ


これもスゴイよ。
http://www.youtube.com/watch?v=0B30L4GnfME
http://www.youtube.com/watch?v=Rk_WXWfm5gs

やっぱプロレスはいいなぁ~。

雑記
日記にするネタがない。
普通に仕事が忙しかった一日。

う~む。

そうだ!
たまには、好きな野球の事でも書こうかの。

はい、一部では有名な話ですが、ジョニーは野球好きです。プロレスと同じくらい好きです。原辰徳と三沢光晴は神です。

で、昨年北海道旋風を起こした「北海道日本ハムファイターズ」を応援してます。かれこれ20年?たぶんそれくらい。まだユニフォームがかっこ悪かったころからですよ。まぁ、巨人と一緒に応援してた時期もあるけどね。原辰徳の引退と共に日ハム一本へシフトしました。

昨年は応援しだしてから始めての優勝と日本一。とにかく、どう喜んでいいかわからなかったくらいですから。毎年前半良くて後半失速。前半首位独走して後半一気に崩れる。弱いときはとことん弱い。8点取って10点取られ、2点しかとれなくても1点で抑えて勝つ。なんか不思議なバランスなチームです、昔から。そんなの繰り返してたチームが昨年は後半一気に爆発して、最後まで突っ走りましたから。ビックリですよ。

で、今年。
昨年までチームの中心にいた「小笠原道大」が巨人へ、ムードメーカー「新庄剛志」が引退して、さらに中継ぎエース「岡島秀樹」まで大リーグへ。戦力大幅ダウン。そして、現在最下位。

いやぁ~、ファイターズらしい。
弱い時期もずっと応援していたから、それほどショックはないけど・・・・心配にはなります。昨年と明らかにチームの雰囲気が違う。勢いと言うかテンションというか熱というか・・・・やる気が空回りしてるような・・・それが心配。

ムード。

これって、大事です。野球だけじゃないだろうけどさ。
昨年の日ハムはとにかく明るくて勢いあって・・・なんか学生みたいな雰囲気?ベンチが楽しそうだった。新庄の影響もあるだろうけどね。
「野球を楽しもう」
なんてなかなかプロは言えないよ。でも、それを実践してホントに日本一だしね。当たり前のようで、口にはしにくいフレーズですよ。選手もファンも楽しむ。

「楽しむ」ってのは、大前提にあるようで難しい。だってプロだもん。プロでなくても難しい。勝つから楽しいのか、頑張るから楽しいのか・・・人それぞれ。でも、堂々と「楽しむ」なんていえるのはスゲーと思います。

あぁ~、なんか書いててドンドン訳がわからなくなってきた。


何が言いたいかというと・・・
「日ハムの面々!もう一度野球を楽しんで!!」
ってこと。結果はついてくるものさ。盲目に追いかけても仕方ないよ。

そんな感じで、収集が付かなくなってきたので、終わります。


「人生を、毎日を、自分を・・・楽しもう!!!」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。