そんなこんなはジョニーで喰! ver.3.0
役者活動やりつつなんか面白いことないか毎日探しているジョニーです。日々の出来事や趣味やらをダラダラと書いてます。喰べるの大好き!!キン肉バスターが必殺技。なんやかんやでいい年になってます。
ジョニーとは?

ジョニー

Author:ジョニー
本名:國重直也
   (写真でキン肉バスターしてる方)

所属:JOHNNY TIME
性別:♂
出身:四国
年齢:そこそこ
趣味:多種多様
特技:キン肉バスター
好物:鮨・焼肉・駅弁・牛丼・麦酒 他
   美味いモノ全般(ジャンクも好き)


野球:北海道日本ハムファイターズ
   原辰徳・小笠原道大・田中幸雄 他
格闘:プロレスリング・ノア
   三沢光晴・小橋建太・大森隆男 他
蹴球:ジュビロ磐田
   中村俊輔・ゴン・名波浩・カズ 他



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



次回公演

~舞台~ 
ハイバネカナタ 第八回公演
「衛星放送に殺意を」
9/2~9/5
@中野 MOMO


花咲ける青少年~The Budding Beauty~
原作:樹なつみ
脚本・演出:桜木さやか
9/29~10/6
@草月ホール


JOHNNY TIME #01
「・・・・・・。」
作・演出 ジョニー
11/3~11/7
@エビス駅前バー




いらっしゃいませ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



チケットのお申し込み

こちらでチケット予約をお受けします!

名前:
メール:
件名:
本文:

必要事項及び、本文に「公演名・お名前(ヨミガナ)・日時・枚数」をご記入して、送信してください。予約完了しましたら、ご返信させていただきます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前沢
先日行った一泊二日の小旅行で新幹線で喰した駅弁を紹介。
この駅弁は現地ではなく、東京駅の駅弁屋さんにて購入。そのお店では、毎日各地の駅弁(東日本中心?)があって、旅に行かなくても駅弁を楽しめるし、旅先の駅弁を食いながら向かうなんてことも楽しめます。ジョニーはよく利用しとります。

で、今回選んだのは・・・・

前沢牛めし1
前沢牛めし2

「前沢牛めし」
岩手県・盛岡駅 1100円
すき焼き丼みたいな感じ。すき焼き味の糸こんにゃくとゴボウは、しっかりと味が付いていて美味い。人参は彩りかな?でも美味い。卵焼きやわさび漬けみたいな付け合せもいい。で、なんといってもメインの前沢牛!これが、冷えていても柔らかくて肉の旨みもしっかりと味わえる逸品。味付けも薄くなく濃くもなく・・・いい具合。そんなお肉がそれなりの量が入っていて、満足度高し!これはね、いい駅弁です。
(満足度☆☆☆☆★)


駅弁大会終わったばかりなのに、まだ駅弁を喰らうジョニー。

駅弁大好きなんですね。
スポンサーサイト

大会07~最終回~
「駅弁大会07~闘争~」
そんな感じで、2月最初で最終回!!

2月はじめての日記になりまいた・・・書いてるのは9日。またかなりサボってました・・・いやはや。なかなか書けなくて・・・ホント。2月入ってから忙しいのです。すいませぬ。一気に穴埋め日記書きます。

長々とやってきたこの企画も今回がついに最終回。最後ってことで色々と詰め込んだ感じになります!

「瀬戸内海対決(神戸も)!そこに鰻も鮑も乗り込んできた対決!!」


あなごめし1
あなごめし2
「あなごめし」
香川県・予讃線・高松駅  920円
ジョニーの故郷・香川の駅弁。茶飯の上に、開き蒲焼きの穴子と刻み穴子が。錦糸卵との相性は抜群。冷えていても柔らかく食べられる穴子は、甘みも適度で美味い。冷えてても柔らかく食べれるのは、穴子や鰻の駅弁で大事な要素。それをクリアーしないと駅弁にならないしね。彩りも良く、駅弁として優秀。あとはパンチがあれば・・・。
(満足度☆☆☆☆)


阿波尾鶏重1
阿波尾鶏重2
「阿波尾鶏重」
徳島県・高徳線・徳島駅 1050円
徳島の銘柄鶏である「阿波尾鶏」を使った駅弁。「阿波踊り」からきているネーミングセンスは、地方色抜群である。軍鶏を改良して生まれたものらしい。照り焼きと塩焼きの2種が炊き込みご飯の上に。ご飯はほんのり甘辛い風味。錦糸卵がいい味出してます。ボリュームはまぁまぁ。鶏はどちらも美味い。彩がよければ、もっといい駅弁になると思われる。数少ない徳島の駅弁の1つ。
(満足度☆☆☆☆)


活あなごめし1
活あなごめし2
「活あなごめし」
広島県・山陽本線・広島駅 1260円
薄く味付けされたコシヒカリの上に焼き穴子を並べたシンプルな駅弁。冷えていても穴子はとても柔らかく、最後まで穴子を楽しめる。ボリュームはやや足りないかなぁ。タレもシンプルな甘辛いタレで、これといって真新しい感じはしないが、素朴ながらも力強い駅弁力を感じる。よくわからんな。同じ広島で「宮島口駅」で販売されている「あなごめし」も有名。そっちが穴子駅弁本家らしいので、そっちも食べてみたいジョニーです。
(満足度☆☆☆☆)


牛松鍋1
牛松鍋2
「神戸風 松茸すき焼き 牛松鍋」
兵庫県・山陽本線・神戸駅 1000円
とにかく容器が重い!!かなりしっかりしたモノです。蓋を開けると、松茸の香が・・・。松茸ご飯がたっぷりと入って、その上にスライス松茸・すき焼き(牛肉・青葱・人参・糸こんにゃく等)が。肉は思いのほか柔らかく、適度な甘み。他の具材もいい味付け。素材の味も残ってます。松茸の風味も消えておらず、なかなか優秀。値段も安く感じるボリューム。食べ終わった器の底には「おかわり」の文字が。笑った。今は小物入れとして使用してます。
(満足度☆☆☆☆)


いちご弁当1
いちご弁当2
「いちご弁当」
岩手県・山田線・宮古駅 1200円
これは、ジョニーの定番駅弁の1つ。大好きです。「いちご」といっても「苺」ではなく、三陸の郷土料理「いちご煮」からきてます。ウニのそぼろの上に、スライスされたアワビが。適度な塩加減と甘みが食欲を刺激。素材の旨みが堪能できます。アワビはとにかく柔らかい。毎年駅弁大会で食してる駅弁。贅沢言えば、もう少しアワビが食べたい感じ。贅沢です。
(満足度☆☆☆☆★)


うな丼1
うな丼2
「赤ワイン仕込み うな丼」
静岡県・東海道本線・浜松駅 1200円
鰻の駅弁は多々あるものの、美味いのに出会ったことはあまりなく・・・これもその1つでした。電子レンジで温めてから食べるのを前提に作られている感じな、駅弁ではないお土産弁当系。冷えたままで食べると、鰻はゴムを食べてるような食感で、途中で諦めたくなる感じ。「電子レンジで温めますとよりいっそう美味しくいただけ・・・」みたいなの書いてあるが、温めないと食べれないってのが正確なトコ。駅弁と言うカテゴリーではないかなぁ、これでは。やはり温かくないと鰻ってのは・・・。
(満足度☆)



なんやかんやと色々詰め込んで訳がわからなくなってます。種類やら素材やらがバラバラすぎると比べるのも難しく・・・とにかく、乱入してきた連中がまた厄介で・・・あぁ・・・どうしたものか・・・。

結果です。








瀬戸内対決に乱入が!レフリーの裁定で「無効試合」に!!
最後の対決にも関わらず無効試合に・・・・残念です。あまりに多種多様になりすぎたのもそうですが、時間がたちすぎてジョニーの記憶が曖昧になってて、どっちが美味いとか判断できねぇ!ってのが、一番の理由。なので、今回はこれで終わり!!!


長々とやってきたのに、最後が締まりませんでした。まぁ・・・・次回のお楽しみってことで。今年は旅行とかちょくちょくして、現地で駅弁を購入して紹介!ってのをやりたいと思います。残り11ヶ月。それくらいはできるでしょう!!


そんな感じで、さようなら!!!


「ビヴァ!!駅弁!!!!!」

大会07~その10~
「駅弁大会07~闘争~」
そんな感じで、1月も最終日な第10弾!!
この企画も今回を含めてあと2回で終わります。長かったですなぁ。今回は、肉系料理の最終回としてカツを使った駅弁を紹介!すでに「びっくりかつ」やら「ミンチカツ」やらを紹介してますが、それらとは別のカツ駅弁です。

「冷えてるカツの何が悪い?冷たくても美味いカツ駅弁対決」


鯨カツ弁当1
鯨カツ弁当2
「ながさき鯨カツ弁当」
長崎県・長崎本線・長崎駅 1050円
ミンク鯨を特製ダレに漬け込んでからカツにしたもの。鯨のカツ丼。錦糸卵とタレで炊いたご飯が絶妙。そして、カツも柔らかくて美味い。臭みやらもまったくなし。鯨が美味い。でも、やはりこれはタレが決めて。微妙な甘辛さとクセのなさ。これがこのカツ丼のキーになってるかと。冷えててもなんの問題もなし。また食べたくなる逸品。
(満足度☆☆☆☆★)


甲州かつサンド1
甲州かつサンド2
「甲州かつサンド」
山梨県・中央本線・小淵沢駅  550円
まぁ、かつサンドです。食感を柔らかくするために、厚切りの肉ではなく、薄切りの肉を重ねてからカツにしてます。なので、冷えてても固くならない食感。値段も駅弁にしては安い。しかし、かつサンドと考えたら・・・高いかなぁ。美味しいんだけどモノ足りない。やはりカツは厚切りであってほしいかなぁ。食べ応えがさ。普通のかつサンドとしては美味いが、駅弁としてはインパクトに欠けた感じ。
(満足度☆☆☆)


ソースかつ弁当1
ソースかつ弁当2
「煮込みソースかつ弁当」
福島県・会津鉄道・会津田島駅 1000円
駅弁大会の企画のひとつ「頑張れ!ローカル線」での駅弁。沿線名物のソースカツを駅弁に。珍しいソースかつを煮込んだモノ。駅弁でカツ丼ってのも珍しい。冷えたら喰えない雰囲気のあるカツ丼。これはどうか?・・・・これが美味い。ソースが絶妙。さらに、冷えてても気にならないジューシーさ。肉が固くない。これはなかなかです。温かければもっと美味いんだろうなぁとは思いますが、冷えてても全然いける。ソースの旨みとカツとご飯が抜群の相性。ローカル線天晴れ!
(満足度☆☆☆☆★)


なかなかカツってのは難しい。かつサンドは別として、冷えたカツで弁当を作るのは勇気がいると思われ。製作者側の努力でしょうな。


結果です。








これが海のスケール!その巨体で圧倒「ながさき鯨カツ弁当」の勝ち!!正直悩みました。最後の決め手はやはり、その珍しさ。かつサンドは申し訳ないが最初に消えて、煮込みソースカツと鯨カツの珍しい対決。どちらも冷えてても文句なしえしたが、海のスケールで最後はソースかつを圧倒でした。ローカルこれからも線頑張って!!!


次回はついに最終回。ジョニーの故郷・香川県に面した瀬戸内海を中心に「四国・瀬戸内対決」です。ついでに「穴子と鰻」も対決。お楽しみに!!



よしもうこれが見納め!いつもの合言葉だ!

せ~の!!「駅弁のエキは・・・みんなの胸の中に」

えっと・・・もう許して。俺頑張った、うん。

大会07~その9~
「駅弁大会07~闘争~」
そんな感じで第9弾!!
そろそろ皆様飽きてきたころじゃないですか?もう少しだけ付き合ってくださいな。そろそろジョニーも息切れてきてますから!
今回は、駅弁の定番食材にして皆大好きな高級食材の代表格である蟹を使った駅弁の数々を紹介します!!

「冬季定番高級食材蟹対決」

ちゅんちゅん1
ちゅんちゅん2
「ちゅんちゅんかにめし」
福井県・北陸本線・福井駅 1500円
昨年の駅弁大会での蟹対決に出ていた駅弁。04年から発売のまだ新人駅弁。新人の割には高価。加熱式容器を採用している関係で、ボリュームの点ではやや物足りない。しかし、蟹の量は文句なし。蟹を食べた!って気分にさせられる。冷たいのが主流の蟹駅弁にあって異端。ズワイガニの棒肉と甲羅の身が超タップリ。ご飯は蟹汁で炊いたで在ろう茶飯風。柚子の風味も?別容器に入っている蟹味噌がまたいい。高価である事はややマイナスも満足できる駅弁。蟹堪能!!
(満足度☆☆☆☆★)


かにめし1
かにめし2
「かなやのかにめし」
北海道・函館本線・長万部駅 1050円
北海道で一番有名な蟹飯駅弁らしい。歴史のある駅弁。かにの身を炒めてる珍しいタイプ。塩コショウのみで炒めたシンプルな味付けで蟹の旨みが抜群なほぐし身がご飯の上にたっぷり。タケノコが微妙にブレンドされてます。写真の白い身は酢締めのカニ身。昔ながらの木折の容器はやや壊れやすかった。それもまた昔ながらの雰囲気で味かも。例えは悪いかもだが、贅沢で美味いふりかけご飯な感じ・・・当然いい意味です。
(満足度☆☆☆☆)


かにめし40周年1
かにめし40周年2
「越前かにめし」
福井県・北陸本線・福井駅 1200円
日本初の蟹駅弁である越前かにめし。その発売開始40周年を記念して、陶製特別容器での販売。駅弁大会と福井駅で限定10000個販売(そのうち駅弁大会で6500個・一日500個限定)したもの。通常版はプラスチック容器。蟹の炊き込みご飯の上にズワイ蟹の身がこれでもか!と乗っかってます。容器が意外と深くてボリュームたっぷり。炊き込みご飯には蟹味噌の風味があって、オーソドックスな感じで美味い。でも酢飯が主流の蟹駅弁にあって実は少数派。蟹堪能!・・・贅沢言うと、ご飯の量が多くてやや飽きるかな。
(満足度☆☆☆☆)


冬食材の王者・蟹。タップリと堪能しました。今回の駅弁3種は実際に食べ比べて審査(他の対決は基本的にバラバラで喰ってます)。3つの蟹駅弁を並べて食べるのはなかなかに至福の刻でした。同じ蟹でもそれぞれの特徴がわかった時間でした。贅沢。


結果です。








金額の勝利とは言われたくない!でも・・・こいつが美味かった「ちゅんちゅんかにめし」の勝利!!
蟹駅弁の中では珍しい温かいのが勝因かも。蟹って冷えるじゃん?そこで温かいのを食べたときの、身体に広がる蟹の風味というか温かみと言うか海の恵の風というか・・・・あ、海風は冷たいね。まぁ、よくわからんが、こういう結果でした。僅差です。


次回は、すでにいくつか登場してますが、それとは違う「カツ」な駅弁の対決!!この企画も残り2回です!!最後まで宜しく!!


よし、最後はいつものグダグダな合言葉!!

せ~の!!
「駅弁のエキはステーション!!」

大会07~その8~
「駅弁大会07~闘争~」
そんな感じで、原辰徳の背番号な第8弾!!
自分でもビックリするくらい続いてます、駅弁特集。リアルにどんだけ喰ってるんだよ!ってな感じですよ。体重も体型も必死に戻そうとしている自分に少し残念。ま、余談です。
今回は、駅弁大会の企画モノにまたしても乗っかってみました。前回のフグ&アワビの対決と同じように、東西の(横浜と神戸の)ホテルの料理長が培った技と感性で新作駅弁の対決。横浜ロイヤルパークホテルとホテルプラザ神戸という名の通ったホテルの料理長対決!期待できます。


ミンチカツ港町レストラン1
ミンチカツ港町レストラン2
「神戸牛100%ミンチカツ港町レストラン」
兵庫県・山陽本線・新神戸駅 1050円
冷えてもサクっとした感触が残るジューシーで大きめのカツがドドン!と。特製ソースをかけて食べる。小細工無しの1本勝負な感じ。メンチカツは神戸牛100%らしく、肉のうまみがタップリと。でも、毎回思うが高級牛をつかったりしてるメンチカツとそうでないやつの違いがあまりわからず。安くても美味いのってあるよね?今回も神戸牛スゲーとまでの感動はなし。でも、冷えてても美味い訳だから、その点が高級牛なのかも。カツ1本という大味さながらも、インパクト・味・値段とバランスでは新作駅弁としてはなかなかの品。
(満足度☆☆☆☆)


ポーク2豚弁当1
ポーク2豚弁当2
「やまゆりポーク2豚弁当」
神奈川県・東海道本線・大船駅 980円
名前は「やまゆりポークツートン弁当」と読みます。神奈川の銘柄豚「やまゆりポーク」を照り焼き風味とカレー風味で味付けしたものをそれぞれ丼モノ風に。2種類楽しめるのはいい感じ。見た目はお洒落な雰囲気。ただ、味は残念ながら上品過ぎる薄味。特にカレーのほうは、食べ応えが全くないくらいの薄味。冷えているから余計に物足りない。照り焼きのも冷えてて味が口の中で分離するというか・・・肉とタレの一体感が感じられず。上品に作るのはいいが、駅弁というものは上品だからいいわけではなく・・・。温かければまた違うのかも。でも、駅弁は冷えてて美味いが当たり前で・・・上品な薄味は肉料理駅弁には合わないです。残念な感じ。駅弁としての工夫を。
(満足度☆☆)


どうでもいいが、どちらもネーミングセンスには疑問が残る対決だったような気がします。お洒落なのかな?ジョニーにはわかりません。で、中身ですがこれは、もう、わかりきった結果かなと・・・。

結果です。








ルーキー対決は勝負にならず、圧倒的なポテンシャルで「神戸牛100%ミンチカツ港町レストラン」の勝ち!!!
やはり横浜ベイスターズより阪神タイガース(正確にはオリックスだけど無視)か・・・勢いが違う。東の奮起を期待します。お洒落だけがいいことではないぞ!!



次回は、冬の高級食材怒涛の同士対決!「蟹」で対決!



よし、最後は、もう自分でも面白くないし、無意味だし、どうしていいかわからなくなってきてるけど、続けていこうと決意した、いつもの合言葉!!

せ~の!!
「駅弁のエキはエンヤーコラヤ!!」

さようなら。

大会07~その7~
「駅弁大会07~闘争~」
そんな感じで、一週間経過な第7弾!!
なかなかの長丁場になってます。いやはや。あ、最近ニンテンドーDSLite買いました。偶然深夜のTSUTAYAでみつかて、やっとさ買えました、はい。個人的な報告です。

さて、今回は肉と肉の勝負!牛と豚の戦争です!牛ステーキと豚角煮とローストビーフいう代表的肉料理がエントリー。

「牛と豚!どっちが肉料理の定番?牛豚対決」


ステーキ弁当1
ステーキ弁当2
「神戸のステーキ弁当」
兵庫県・山陽本線・神戸駅 1200円
キノコピラフの上に但馬牛ステーキ。皮付きポテト・人参・とうもろこし・エンドウなど。見た目はパサパサしていて美味そうに見えないステーキ。口に入れると、意外に牛肉の風味がジューシーに味わえる。タレと焼き具合が絶妙。ライスはやや薄味で微妙。キノコ少量。肉のうまみが存分に!・・・とまではいかないが、肉を喰った!てな気分にはなれる。量はヤヤ少なめか。
(満足度☆☆☆★)


豚角煮1
豚角煮2
豚角煮3
「豚角煮弁当」
新潟県・信越本線・新津駅 1050円
コシヒカリの上に、大きめの角煮が3つと肉団子、錦糸卵。冷たいのに角煮は柔らかい。箸でも切れるくらい。手間隙かけて煮込んであるってうたい文句は伊達ではない。味付けもよく、ご飯が進む。米も冷えてても美味い。錦糸卵がいい感じな脇役。これで角煮の味の濃さがバランスよくなる感じ。全体的によくできている駅弁。ただ、温かければもっと美味いんだろうなと思ってしまう。角煮は温かいのがいいかな。
(満足度☆☆☆★)


ローストビーフ弁当1
ローストビーフ弁当2
「前沢牛ローストビーフ弁当」
岩手県・東北本線・一ノ関駅 1200円
これは何度か食べたことのある駅弁。東京駅でも買えます。昨年までのと微妙に内容がかわった07年版。やわらかい前沢牛をつかったローストビーフ。とにかく柔らかい。肉の味も楽しめ、特製ダレの味付けもよくご飯に合う。この値段でも納得の品。冷たくても問題なし。ただ昨年までのと比べてローストビーフにやや脂の重たさを感じてしまったのは、味の変化か年をとったせいか?
(満足度☆☆☆☆)


それぞれが全く違う方向の料理法。それぞれに良さが詰まってますが、冷えているのを食べるっていう点がやや結果に出てしまうような・・・冷たくても美味い肉料理・・・難しいです。

結果です。








やはり土俵の違いを見せ付けた!温かいのが当たり前料理に、冷たいくても美味い料理の真髄を!!「前沢牛ローストビーフ弁当」の勝ち!!
それぞれが一長一短な感じの勝負でした。でも、最後は冷えてても美味い肉料理がゴールテープを斬った感じに。駅弁の「冷えてても美味い」という定義が勝負の分かれ目に・・・。でも、負けた2つも味付けやらに工夫はありました。温かければもっと美味いのに・・というのはね。



次回は、駅弁大会でも実施されていた対決をジョニーも実施。東西のホテル料理長がつくった「新作駅弁」対決!



よし、最後はいつもの合言葉!

せ~の!!「駅弁のエキはエクスプレス!!」

大会07~その6~
「駅弁大会07~闘争~」
そんな感じで、いつまで続くの第6弾!!
今回は、日本最南端・沖縄と本州最北端・青森の駅弁がエントリー。海の幸を使ったモノで勝負。

「北と南どっちが上だ?海の恵で端っこ対決」


ぜいたく三昧1
ぜいたく三昧2
「青森ぜいたく三昧弁当」
青森県・東北新幹線・八戸駅 1150円
大間産の本マグロのヅケを炙ったモノと、ウニ、イクラとまさに贅沢な駅弁。マグロの中でも最高級品な大間産の本マグロを使用しているにもかかわらず、この値段は安い。ご飯には微妙に味付けが。醤油メシ系。トッピングの豪華さにやられます。贅沢を言えば、もうすこしマグロがあったらなぁと・・・まさに贅沢な発言。写真は持ち運んでる途中に中身が崩れてしまってます。残念。でも、味は問題なし。東北新幹線開通記念でうまれた駅弁のひとつ。
(満足度☆☆☆☆★)


壷川駅前弁当1
壷川駅前弁当2
「海人がつくる壷川駅前弁当」
沖縄県・ゆいレール・壷川駅 1000円
こちらはカジキマグロのヅケがたっぷり。他にもゴーヤやもずくの天麩羅、エビなど。2003年にゆいレール開通記念で初めて沖縄に駅弁が登場。そのシリーズの07年版。名前はそのままで毎年内容が変わっています。去年は鮨な駅弁でした。味は悪くないものの、色合いが地味。というか貧相な感じ。容器にも安っぽさを感じてしまう。まだまだ歴史が短い沖縄駅弁のこれからの改善と成長を期待したい感じです。見た目ってのも重要です。もずくの天麩羅はお世辞にも美味くはなかったなぁ。海人は「うみんちゅ」と読むそうです。
(満足度☆☆☆)


やや、結果が見えてしまったか?どちらも新路線開通記念で生まれた駅弁。しかし駅弁という文化の歴史の重みで差が出てしまった感じか。

結果です。








ルーキーまったく歯が立たず。「青森ぜいたく三昧弁当」の勝ち!
やはり勝負にならない感じ。沖縄では鉄道の歴史からして全然ないから当然駅弁の歴史もない。これから色々な駅弁を勉強してほしい。毎年中身が変わるのは試行錯誤している結果と信じよう。しかし、あまりに変化ばかりを続けても、看板は生まれないです。早急に勝負するテーマを確立してほしい。沖縄ならではの何かを!



次回は、肉と言えば?・・・牛?豚?そんな「牛豚」で対決!!



よし最後は、いつもの合言葉でしめようか!

せ~の!!「駅弁のエキはエキタイチッソ!!」


大会07~その5~
「駅弁大会07~闘争~」
そんな感じで、第5弾!!
なかなか更新するのも大変です。でも、頑張ります、はい。今回はインパクトでの対決。蓋をあけた瞬間「うおっ!」って声が出そうな感じのインパクトさ!「そのまんまやん!」って言いたくなるようなインパクトさ!色々とありますが、ジョニー的にインパクトあったのを独断で選考して紹介。

「あけた瞬間うひゃっ!!インパクト対決」


びっくりカツ1
びっくりカツ2
びっくりカツ3
「びっくりミソカツ弁当」
愛知県・東海道本線・名古屋駅  980円
びっくりです。前回の駅弁大会から登場。甘辛い味噌ダレに漬けられた分厚い手のひらサイズのみそかつ。名古屋名産・八丁味噌を使用。奥深い味わい。マジで超ヘビー級。切れてないので、付属のフォークとナイフで斬ってから喰す。分厚いのに柔らかい。ご飯がすすみます。そのくせ、あまりしつこさもない。超ヘビー級とぶつかりたいときは迷わず選べる駅弁。安い!!
(満足度☆☆☆☆☆)



ぶりかまめし1
ぶりかまめし2
ぶりかまめし3

「ぶりかまめし」
富山県・氷見線・氷見駅  950円
当然のように一匹の寒ブリから2つしか取れない「かま」を骨まで食べられるくらい柔らかく煮込んで、甘辛いタレでじっくり味付けした逸品。蓋を開けたらカマ!!ってなインパクト。そして、箸で簡単に切れる柔らかさ。ワサビ風味の酢飯との相性もよく、白エビやワカメもまた小技が効いてていい。一気に喰っちまう駅弁。これも安い!!
(満足度☆☆☆☆☆)


どちらも、でかい!柔らかい!安い!ってな感じのトリプルインパクト!!見た目の以上に洗練されている味に、お店の努力を感じます。超ヘビー級の真っ向からの剛腕での殴り合い!!はたして!?


結果です。








小細工無しの殴り合い!永遠に続くとも思われた超ヘビーのぶつかり合い!!最後はやや重みが上回った「びっくりミソカツ」の勝ち!!!
これはねぇ・・・難しかった。ドローでもいいくらい。ギリギリの勝負。ホント僅かだけど、みそかつの重さってヤツが与える満腹感が決め手に・・・でも、これは再戦すると結果変わるかもってなくらいの勝負。どちらもまた喰すのは間違いない!!!



次回は、北と南の海鮮での対決!



よし最後は、いつもの合言葉でしめるぜぃ!

せ~の!!「駅弁のエキはエキストラ!!」

大会07~その4~
「駅弁大会07~闘争~」
そんな感じで、第4弾!!
前回に引き続き、牛飯でっす。今回は加熱式ではない普通の駅弁の中から選抜しての対決!!温かくて美味いのは当然。冷えても美味いという駅弁の基本路線で選抜されたモノたちの勝負の行方は?

「冷えてても熱い魂な牛飯対決」


牛肉どまん中1
牛肉どまん中2
「牛肉どまん中」
山形県・奥羽本線・米沢駅 1000円
実演販売の出来立てを購入も、あえて冷えたころに喰しました。山形県産「どまんなか」の上に、甘辛い風味の山形牛薄切りロース肉とそぼろを。これはね・・・・美味い!冷えててもなんの問題もなし。肉は柔らかで、味もいい具合にしみこんで。ごはんとの相性も抜群。この駅弁は毎回購入するし、東京駅でも販売しているお店あるのでちょくちょく食べてます。牛めし駅弁の最高峰にいると言ってもいい駅弁。
(満足度☆☆☆☆☆)



牛肉ひとめぼれ1
牛肉ひとめぼれ2
「牛肉ひとめぼれ」
宮城県・東北本線・仙台駅 1000円
名称や中身は上の「どまん中」とほぼ同じ。パクリ?とも思いたくなる内容(どまん中のが先に発売されてる)。でも、模倣から進化し文化になるのは必ずしも間違いではなく・・・つまり、美味ければそれでいいのさ!!宮城県産「ひとめぼれ」の上に、甘辛い味付けの薄切り肉(仙台牛)とそぼろを。笹かまと仙台銘菓も。冷たくても肉は柔らかく、ご飯とも合う。質量共になかなか。やはり牛めしはタレが重要。その点でも問題なし。ただの物真似駅弁にあらず。
(満足度☆☆☆☆)


どちらも初めて食べたわけではない駅弁。「どまん中」なんてかなりの回数喰ってます。冷えてて美味い牛めしはなかなかないですから。完成されてます。その、どまん中に挑んだ「ひとめぼれ」。冷えてても美味いというラインは超えて、駅弁としての合格点は達成。しかし・・・。

結果です。








貫禄と経験で、すべての攻撃を受けきり最後は老獪なテクニックで圧倒!「牛肉どまん中」の完全勝利!!
やはりオリジナルは強い。真似したかどうかなんてわからないけど、やはり先人の偉大さははかりしれません。すべてにおいて勝っていたかと。笹かまやらの小技も悪くはなったですが・・・。にしても、牛めし駅弁って、だいたいが甘辛い味付け。なんでだろ?確かにご飯に合うのは間違いないんだけど・・・・。



さて次回は、この一撃で勝負!「インパクト」で対決!!



よし最後は、いつもの合言葉でしめるぜぃ!

せ~の!!「駅弁のエキはエキスパート!!」

大会07~その3~
「駅弁大会07~闘争~」
そんな感じで、第三回です。
ここ2回の対決は海鮮モノばかりだったので、今回は陸の素材での対決!!しかも、2回にわけてやります。今日のヤツはアツアツ牛飯限定(加熱式容器)での勝負!!さらに、1対1のタイマン勝負ではなくバトルロイヤルな複数での対決に!!したがって、文章も長くなるので御注意を!!

「猪に負けるなアツアツ牛飯対決」


前沢牛めしアツアツ1
前沢牛めしアツアツ2
「前沢牛めし アツアツ」
岩手県・東北本線・一ノ関駅 1100円 
中身は白米の上に牛すき焼き肉・シラタキ・シシトウというシンプルさ。いい肉を使ってるみたいで、とろける食感。贅沢な感じです。味付けもいい具合で、温かくなりさらにいい。ただ、肉に脂身が多く、食べてるうちにやや脂で飽きてしまう感じが。質・量共にバランスがいいだけに残念。牛めしにはいい肉を使ったらいいという訳でもない。某高級焼肉店で食べた牛丼(1800円くらいだっけ?)を思い出す。
(満足度☆☆☆★)


前沢黒毛和牛1
前沢黒毛和牛2
「前沢黒毛和牛弁当」
岩手県・東北本線・盛岡駅 1200円
シンプル。すき焼き風の黒毛和牛肉にグリーンピース・人参・椎茸・筍。こちらもいい肉を使用していて、なかなか柔らかく美味。味付けもいい。ややボリューム不足を感じるも、肉の良質さでカバーか。ご飯も「ひとめぼれ」を使用していて、ふっくらとまではいかないが、美味い。お米の美味さは牛めしには重要。
(満足度☆☆☆☆)


牛しぐれ1
牛しぐれ2
「飛騨高山 牛しぐれ弁当」
岐阜県・高山本線・高山駅 1050円
中身は御飯の上に牛しぐれ、椎茸、錦糸卵、ごぼう、紅生姜。これもシンプル。牛しぐれは甘辛い感じで、なかなかに美味。ご飯に合う味付けでいい感じ。ただご飯がやや固め。温かくなるだけにふんわり感があれば・・・。味は悪くないだけに残念。
(満足度☆☆☆★)


さぁ、加熱式容器限定の牛めし対決!総合して、加熱式っていいなぁと。肉は、牛めしだとさらに冷たいより温かいのがいいからね。


結果です。








最後にまさかの丸め込み(首固め)で「飛騨高山 牛しぐれ弁当」の逆転勝利!!
これはねぇ、意外な結果です。なんか普通に食べて一番美味かったのは黒毛和牛なの。でも、もう一回食べたいなぁって思うのが牛しぐれなんですわ。それに、しぐれのが微妙ご飯に合う感じ。なので、ご飯と一緒に食べるのに一番!っていう点と、もう一度!ってな刺激の差でこういう結果になりました!



次回はアツアツじゃない「牛飯」対決!あの有名人気駅弁が登場!



よし最後は、いつもの合言葉でしめよう!

せ~の!!「駅弁のエキはエキサイト!!」

大会07~その2~
「駅弁大会07~闘争~」
そんな感じで、第二回です。
皆さんご存知だと思いますが、この京王百貨店の駅弁大会では毎年何かの対決企画ってのやってます。同じような素材の駅弁での対決だったり、産地だったり・・・今年は「海鮮対決」という名目で「河豚対鮑」でした。なので、ジョニーも今回は同じモノを対決させます!!!


「至福と王者が威信を賭しての対決」
ふくめし1
ふくめし2
「ふくめし」
福岡県・鹿児島本線・小倉駅 1800円
河豚(ふぐ)です。高級品。冬の至福。ふぐの湯引き・すき身の唐揚げ・一夜干し・・・等をふぐだしで炊いたご飯の上に敷き詰めてる超豪華駅弁。今年の駅弁大会に合わせて新しく作ったらしいです。プリプリの食感、ふぐの旨みが堪能できます。湯引きはもみじおろしで。容器もかわいいです。ジョニー的には一夜干しが特に美味かったかな。噛み締めて口に広がるふぐの旨みが・・・最高です。量は全体的に少なめでおなか一杯にはならないですが、心は満たされます。
(満足度☆☆☆☆★)


磯の鮑1
磯の鮑2
「磯の鮑の片想い」
岩手県・山田線・宮古駅 2000円
磯の王者・あわびが丸々1個分入った超豪華高級駅弁。こいつも、スゲーぜ。酒蒸しされたあわび、あわびの肝、イクラ。カズノコ・・・豪華絢爛、色鮮やか。これも今回の大会のために作られた駅弁。宮古駅では予約販売になるそうです。この駅弁、とにかく大人気!ジョニーは開店間際に乗り込んで毎回品切れで、最終日に開店前に並んでやっと買えたくらい。600食が開店して20分くらいで完売ですから。この値段で買えるなら文句ないわ~ってなくらいの豪華さ。あわびはビックリするくらい柔らかくて、濃厚。また肝が美味い!カズノコやイクラもプリプリで・・・文句なし。これも、やや量が少ないですが心は溢れんばかりに満たされます!!
(満足度☆☆☆☆☆)


こんな感じで、超高級品対決となった今回の対決!どちらも冬の冷え切った身体を心から温めてくれるくらいの実力を持ってました。財布は寒くなるけど問題なし!!

結果です!








パワーボムからの体固めで「磯の鮑の片想い」の勝ち!!!
こえはねぇ、インパクトの問題でした。とにかくため息が出る感じの「磯の~」には、ふぐの旨みもはじかれました。高級感が違ってきますから。味ではどちらも文句なしでした。あ、唯一問題が。「磯の鮑の片想い」って名前はどうかと思います。仮に予約しようと思っても、なかなか恥ずかしくて注文し辛いんじゃないかと・・・。


蝦夷あわび三色弁当
「蝦夷のあわび三色弁当」
北海道・浜弓 2100円
これは、うまいもの大会に出ていたお弁当。駅弁ではないので別枠扱い。これも、豪華です。鮑・イクラ・帆立・真鯛らが。見たまんま美味い!!まぁ、そんな感じで高級弁当でした。駅弁じゃないので詳しい説明はなし!
(満足度☆☆☆☆)



次回は、皆大好き「牛飯」で対決!



よし最後は、いつもの合言葉でしめよう!

せ~の!!「駅弁のエキはエキゾチック!!」

大会07~その1~
「駅弁大会07~闘争~」
こんな感じのタイトルつけてみました。お待たせです。ついに・・・始まります!!!まぁ、そんなたいそうなものではないかもですが。アレです。自己満足!!

今回の日記からしばらく、新宿・京王百貨店にて毎年催されている「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」で、ジョニーがひたすら喰した駅弁を、独断と趣味で採点し、さらに対決させるって企画をやっていきます。採点はいつものように満足度を☆で評価(☆1点、★0.5点、5点満点)


今年は1月11日~23日の13日間。ジョニーは空いた時間をひたすら利用して、9回参戦。30個の駅弁を消化。体重増加&財政困窮という事態を招きました。まぁ、毎年の事です。いやぁ~今年も熱かった!!

そんな感じで、第一回いきます!!
最初は、駅弁大会の度にジョニーが毎年必ず食べる駅弁で対決!!

「ジョニー定番駅弁対決」

いかめし
「いかめし」
北海道・函館本線・森駅  470円
駅弁大会の絶対王者。毎年売り上げトップを記録する超有名駅弁。昨年までで36年連続トップになるのかな?とにかく定番中の定番!肉厚でプリプリないかにもち米とうるち米を詰めて、秘伝のタレでじっくり煮込んだモノ。甘辛くクセになる味。冷えてても以下は柔らかく食べられる逸品。値段が安いのもいい。毎年食べたくなる定番駅弁。
(満足度☆☆☆☆☆)


海の輝き
「海の輝き」
北海道・函館本線・小樽駅 1260円
豪華なんです。ホント豪華なんです。イクラ・ウニ・シシャモの卵・玉子・シイタケ・レンコン・キュウリ・・・海鮮豪華チラシ寿司。とにかく美味い!味のバランスが絶妙で、様々な具材が互いにいい刺激になって酢飯と素敵なハーモニーを奏でます。イクラやシシャモの卵のプチプチ感とウニの甘み。キュウリやレンコンが箸休めの役割に・・・とにかく完成してます。値段がやや高く感じるも、食べてみれば安いと感じる逸品!!ちなみに小樽駅では一日5個しか販売されてません。
(満足度☆☆☆☆☆)


さぁ、そんな感じで最初の対決です!どちらもジョニーは大好きで、だいたい初日に行って購入します。もう定例化。どちらもジョニーが足を踏みいれた事なのない北海道の駅弁。現地で喰ってみてぇ!!

結果です!








判定(3-0)で「海の輝き」の勝利!!!
決め手となったのはその多彩な味。いかめしの無骨なほどの豪腕一本勝負な闘い方も素晴らしかったが、海の輝きが魅せた様々な味の芸術的な味技の数々。最後までもつれるも最後は判定で。いい試合でした。
北海道の駅弁レベルは高ぇ!!北の大地、侮れねぇ!!今年も北海道旋風ぅるかもね!


こんな感じで、やっていきます!・・・長々と。最後までお付き合いください。ちなみに、満足度と最後の判定は微妙に関係ない感じです。


ちなみに昨年の駅弁大会のレビューはこちら駅弁06

甘味
この日記は25日に書いています。そして、この日記の内容は23日のモノ。はい、最近頻繁に行われている、穴埋めまとめ更新日記ってヤツです。
忙しいのですヨ・・・ホント。

引越し作業やら、稽古やら、仕事やら・・・・なかなかお芝居にも行けない感じで・・・皆様申し訳ないです。これからもっと忙しくなるんだよなぁ~。いやはや。

そんな感じで、23日の昼がフリーになったので、この時間を有意義に使おうと熟考。その結果・・・・・駅弁大会を洗濯。最終日のこの日、駆け込みのお客さんが溢れる、戦場な状況。ジョニーも朝一から乗り込み、開店前からの行列に並び、開店と同時に爺&婆と共にダッシュ!!そして、目当ての駅弁を一気に購入し、休憩。開店してまだ20分の出来事。まさに駆け抜けた。

その後、空いた時間を有効利用。駅弁大会と同時にやっているうまいもの大会を楽しむ。のんびり実演やらしてるのを眺め、試食したりして楽しむ。せっかくなので、のんびりお茶でも・・・
1.23-1
「三重県 赤福」
ほうじ茶と一緒に餡子を堪能。朝から身体に広がる和の精神。

1.23-2
「東京 たい焼き」
つぶあん。餡子の甘みもさることながら、微妙に塩ッけのある生地がまた・・・。

1.23-3
「岐阜 みたらし団子」
もうベーシックにして奥深いしょうゆ味。甘みに馴染んだ身体に、醤油の風味がまたいい具合に・・・。

1.23-4
「山梨 ソフトクリーム」
熱気溢れる会場にいて、汗ばんできた身体に冷たいソフトクリームが広がる広がる。甘すぎないところがいい!そして、牛乳の風味が濃厚!!


こんな風にひたすら堪能。ちなみに午前中の出来事。いやはや。素敵なオフ時間になりました。

さて、明日の日記からついに駅弁企画開始!!今回の駅弁大会で喰した駅弁の数々をジョニーの中で勝手に評価!さらに、今回はジャンルわけして対戦形式にしてみます!「牛肉対決!」とか「南北対決」とか。まぁ、すべてジョニーの独断と偏見ですから。題して・・・

「駅弁大会07~闘争~」


では、次回からの駅弁企画をお楽しみに!!!

ちなみに昨年の駅弁大会のレビューはこちら駅弁06

中間
まとめ更新な穴埋め日記第二弾。17日の日記を21日に書いてます。忙しいのは言い訳になりますか?

そんな感じで、サクサクっと更新!

駅弁大会、行ってます。折り返しになって新メニューやらも登場してますから。17日終了時点で「21個」を摂取。とりあえず目標の20個はクリアーです。食べてます。

1.17
にしても、いつ行っても大盛況。この写真は、午前10時半前ですから。開店して30分たってないけど、超人混み。平日ですよ?皆さんなにやってんの!!!

で、挙句の果てには・・・
1.17-2
こんなんなってます。
そうか売り切れかぁ・・・・ってオイ!!!開店して30分たたずに?どないしたら買えるっていうねん!!早起きして乗り込んだのに・・・無念。違う日に乗り込みます。

そんな感じで、順調に体重増えて、財布薄くなっているジョニーです。


恒例
もう毎年の恒例です。
毎年この時期は確実に肥り&財布が薄くなります。ビックリするくらい食費を使う時期。ジョニーのプロフにも書いてありますが、好物をひたすら楽しむ時期でして。その好物ってのが・・・駅弁!
そう・・・

「京王百貨店 元祖有名駅弁とうまいもの大会」
があるのです。
今年は、11日~23日。毎年この時期は駅弁ばっかり食べてます。駅弁はだいたい1個1000円前後。なかなかの出費です。でも・・・買ってしまう。なかなか旅行とかする時間ないから、せめて気分だけでも・・・。とにかく大好きです。

で、行ってきました。
1.13

初日&今日と電車移動中にフラっと新宿に降りてダッシュで京王百貨店へ。特に今日は土曜日。スゲー人人人。

1.13-2

半端ないです。

モノによっては、まだ昼なのに今日の販売分が終わってる駅弁なんかも・・・スゲーです。毎年の事ながら驚かされます。
そして、年配の方やオバチャンがスゲー多い!!オバチャンたちのタックルにも近い場所取りには毎回やられます。平気で人の流れに逆流してくるし・・・・。あの、パワーは凄い。

初日と今日で、とりあえず6個ゲット。目玉商品やらはまた自戒。とりあえずこれからしばらくはジョニーは駅弁祭りです。

駅弁紹介は明日の日記から随時!!お楽しみに!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。